ココナッツオイルの真相

最終更新: 2019年8月31日

こんにちは。

ここのところ気温の変化が激しい季節に入ってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

最近やはり手作り食ペットフードに関するご相談が多いです。

あとは、ホメオパシー希望の方も結構いらっしゃって、改善例が増えてきています^^



今回は、とても使いやすい食材ココナッツオイルについて解説していきたいと思います(ブログ記事プロバイオティクスは無意味?が気になる方はそちらも合わせて参考にしてみてくださいネ)



さて、

「ココナッツオイルは有害である」と、ハーバード大学の教授Karin Michels先生がドイツで栄養学を講義していたときに発言していたビデオがYoutubeに投稿され、炎上したことからニュースになっていました><

(大元の記事はこちらをご覧ください ワシントン・ポスト(英語)



アメリカではココナッツオイルをスーパーフードと呼ぶ人もたくさんいて、健康志向の人たちに利用されています実際に、人のほうでは以下のデータがあります。


ココナッツオイルのメリット

◆ココナッツオイルを主食としている人々には心臓発作虚血性の心臓病が全くない(1)(2)

◆ココナッツオイルに含まれるラウリン酸には抗菌作用がある(3)

◆ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸(MCT)は、血液中の中性脂肪(TG)の数値を下げて体重も減らせる(4)など・・


そのほか、ワンちゃんのガン治療やてんかん発作のコントロールにココナッツ由来の特殊なオイル(MCTオイル)が利用されているというのも最近の獣医栄養学分野での試みです。

こんなにもメリット盛りだくさんなココナッツオイル!

でも今回、なぜココナッツオイルが有害と言われたか説明しますと、人のほうでは心臓病のリスクを高めることが指摘されているためです。



ココナッツオイルには心臓病の原因となる悪玉コレステロール(LDL)を増やす働きがあるため、American Heart Association(AHA: 米国心臓協会)では、ココナッツオイルは全くお勧めできないとしています。

興味のある方はこちらを読んでみてください(AHA presidential advisory: Dietary fats and cardiovascular disease)

ただし、人のほうではダイエットに効果があることが広く認められているため、減量したい人が殆ど毎日利用しているような状況です。

でも、ワンちゃんの場合はどうなのでしょうか?

ワンちゃんと人では代謝が違う!

ワンちゃんの場合、

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の実験データでは、人のようなダイエット効果が見られなかったという結果があります(5)



もともと、ワンちゃんは植物性オイルの代謝を人ほど上手く行えないことが獣医栄養学を勉強している獣医師の間では知られていますので、その影響かもしれません。


そして、心臓病へのリスクについてはどうかお伝えしますと、実際にはワンちゃんの場合、悪玉コレステロールが多いからといってすぐに人のように動脈硬化や心筋梗塞などといった心臓や血管の病気にかかるわけではないことが知られています(6)。




そのため、今回の件はあまり気になさらなくて大丈夫です^^


「人でお勧めできない!」と言われても、ワンちゃんでどうか、猫ちゃんでどうか等・・・動物によって違った結果が出るので、一概に人で問題があるから犬猫にも問題ありそうだとも言えないわけなのです。

(ちなみに、ワンちゃん猫ちゃんの慢性腎臓病や膵炎の治療についても、同じことが言えます・・)



人の場合と動物の場合とは分けて考えましょう!  


それから、人よりもワンちゃんに関するデータはかなり少なく、そして猫ちゃんに関するデータはワンちゃんよりもさらに少ないのが現状です。

「全てのケースに当てはめられない場合がある」ということを知っておきましょう!



完璧な人間がいないのと同じように、完璧に100%ヘルシーな植物は存在しないのです。

良い食材も取りすぎれば悪になります。

たとえば、健康に良いからといって亜麻仁油やチアシードなども与え過ぎれば下痢したり便秘になることがあります・・><

水でさえ、与え過ぎれば胃が耐えられなくなって吐くことだってあるし、水を飲みすぎて中毒を起こす水中毒という病気もあるんですヨ^^;

何事にも限度というものがあります。


そして、データというのも本当に様々で、どんな食材にも大体メリットとデメリットの両方があります。

デメリットにばかり目を向けて極端に怖がるのではなく、両方の観点から考えてみましょう。



そうしたら、怖くなくなります。

ココナッツオイルも適量与えるのはヘルシーです。

大事なのはバランス!^^

参考にしていただければ幸いです。

それではまた!


<参考文献>

(1) Lindeberg S, Lundh B. Apparent absence of stroke and ischaemic heart disease in a traditional Melanesian island: a clinical study in Kitava. J Intern Med 1993; 233(3): 269-275.

(2) Prior Ia, Davidson F, et al. Cholesterol, coconuts, and diet on Polynesian atolls: a natural experiment: the Pukapula and Tokelau island studies. Am J Clin, Nutr 1981; 34(8): 1552-1561.

(3) Hoffman KL, Han IY, et al. Antimicrobial effecs of corn zein films impregnated with nisin, lauric acid, and EDTA. J Food Prot 2001; 64: 885-889.

(4) Xue C, Liu Y, et al. Consumption of medium-and long-chain triacylglycerols decreases body fat and blood triglyceride in Chinese hypertriglyceridemic subjects. Eur J Clin Nutr 2009; 63: 879-886.

(5) Fragua V, Barroeta AC, et al. Evaluation of the use of esterifies fatty acid oils enriched in medium-chain fatty acids in weight loss diets for dogs. J Anim Physiol Anim Nutr 2015; 99 Suppl S1: 48-59.

(6) Rebecka SH. Canine Atherosclerosis: Why does it occur? ACVIM Conference 2008.



旧ブログはこちら)


~動物たちが健康的に,毎日笑顔で過ごせますように~

ーホリスティック獣医Saraでしたー



Twitter

Facebook

Instagram



人気ブログランキングに参加しています。↓↓ ポチっと押していただけたら嬉しいです^^







ココロとカラダにやさしい医療なら
​ Saraホリスティックアニマルクリニック

まずはお気軽にご相談ください

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagramの社会のアイコン

<LINE 公式アカウント>

© 2020 Sara Holistic Animal Clinic