冬にお勧めのハーブ(ジンジャー)

最終更新: 2019年1月18日

こんにちは。

ホリスティック獣医Saraです。

今回は、ハーブのお話! 「わんにゃ365」というワンちゃんと猫ちゃんのための情報ウェブサイトで記事の執筆を担当しているのですが、先日【ストレス対策】についてお伝えしました。 記事はこちらなので、気になる方は参考にしてみてください。


そちらでもお伝えしていたところですが、ワンちゃんや猫ちゃんが感じるストレスというものの中に【気温の変化】というものがあります。

最近寒くなってきていますので、寒さ対策をしていきましょう!

寒さ対策といってもいろいろあるのですが、そのなかでもハーブが結構活かせます。 皆さんのなかにも、すでに日頃の料理レシピのなかに入れている方がいらっしゃるのではないでしょうか?


ショウガって、実は結構な万能薬!?

今回はショウガ(ジンジャー)について

ショウガの学名はZongiber officinaleで、英語名はGinger(ジンジャー)

ショウガ科の多年草で、古くからインドを中心にその地下茎が保存食や医薬品として扱われ、徐々に世界的に利用が広まったと言われています。

インドといえば、ショウガがカレーのスパイスとしてもよく使われていますネ。


冬にお勧めのハーブ:ショウガ

【豚のしょうが焼き】や【生姜の炊き込みご飯】など日本のレシピでも馴染みのある食材ですが、実はイギリスのスーパーでも簡単に手に入り、英国版カレーレシピに入っているのはもちろんのこと、パンやクッキーに生姜が入れられたジンジャーブレッドやジンジャークッキー等といった英国独特の商品もあります。




そして、お茶にショウガをミックスすることで抗酸化作用や血糖値を抑える効果がさらに高まるという報告もあって(1)(2)、お茶にショウガを少し加えたりそこにハチミツを入れて飲むこともお勧めされています。


ショウガの有効成分とは?

ショウガのピリっとした味の正体は中に含まれるジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンなどといったショウガ独特の成分。


これらの成分を含むショウガには以下の特徴があることが分かっています。


■血管を広げて血行をよくする

■さまざまなタイプの吐き気をおさえる(車酔い・胃腸炎・抗がん剤の副作用など)(3)

■炎症や痛みを抑える(リウマチ・関節炎などに)

■脂肪の代謝を助ける 血糖値を抑える など・・・



約2500年以上前からインドや中国では、吐き気、頭痛、リューマチ、冷え性などのケアにショウガが使われてきました。

その他動物への治療目的として、以下の症状にショウガが利用できます。


■食欲不振

■消化不良

■車酔い / 船酔い

■鼓腸(お腹にガスがたまる)

■お腹の痛み

■吐き気

■下痢

■痙攣

■関節の痛み

■咳・鼻水などの猫風邪 / ケンネルコフ(ワンちゃんの風邪) など・・・



とくに冬になると身体が冷えがちになります。

冷えることで感染しやすくなったり胃腸の動きが悪くなったりしますが、ショウガは身体を温めてくれるので、冷えが関係している場合にとくにお勧めです。


そして、とくに吐き気を抑える効果はハーブのなかでも非常に高く、吐き気止めのお薬(プリンペラン)よりもショウガの方が上回るという報告もあるくらいです(4)

抗がん剤による吐き気や食欲不振のときにも使えるのです!



どうやって与えたら良い?

ハーブティやスープのほか、普通に手作り食のなかにショウガの擦り下ろしをほんの少しだけ混ぜることで与えられます。

ペットフードへのトッピングとしても使えるし、スパイスとして販売されている普通のジンジャーパウダーをふりかけるだけでもOK!


ただしショウガは私達でもたくさんは食べないので、ワンちゃん猫ちゃんに与える量も本当に薬味程度!

与えすぎないようにご注意くださいネ。

具体的な量については動物の状態によって変わるため、セミナーや直接のご相談でお伝えしています。


内容はあくまでも参考程度にしてください。

(そのうち病気別のクッキング講座を行おうかと検討しています^^ メルマガなどでお知らせしていく予定です!)



そういえば・・

英国ではジンジャーキャットと呼ばれることも。

ショウガ(ジンジャー)といえば、イギリスでは茶トラの猫ちゃんに「ジンジャー」という名前をつける飼い主さんがいます。


毛色がショウガ色だから。

白猫に「シロちゃん」、黒猫に「クロちゃん」と名付ける感覚と同じですネ。




参考にしていただければ幸いです!

それではまた 。



<参考文献>

(1) Makanjuola SA Enujiugha VN, et al. Combination of Antioxidants from Different Sources Could Offer Synergistic Benefits: A Case Study of Tea and Ginger Blend. Nat Prod Commun 2015; 10(11): 1829-1832.

(2) Azzeh FS. Synertistic effect of green tea, cinnamon and  ginger combination on enhancing postprandial blood glucose. Pak J Bio Sci 2013; 16(2): 74-79.

(3) Sharma SS, Kochupillai V, et al. Antiemetic efficacy of ginger (Zingiber officinale) against cisplatin-induced emesis in dogs. J Ethnopharmacol 1997; 57(2): 93-96.

(4) Ernst E, Pittler MG. Efficacy of ginger for nausea and vomiting: a systematic review of randomized clinical trials. Br J Anaesth 2000; 84(3): 367-371.


旧ブログはこちら)


~動物たちが健康的に,毎日笑顔で過ごせますように~

ーホリスティック獣医Saraでしたー



Twitter

Facebook

Instagram



人気ブログランキングに参加しています。

↓↓ ポチっと押していただけたら嬉しいです^^




ココロとカラダにやさしい医療なら
​ Saraホリスティックアニマルクリニック

まずはお気軽にご相談ください

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagramの社会のアイコン

<LINE 公式アカウント>

© 2020 Sara Holistic Animal Clinic