ココロとカラダにやさしい医療なら
​ Saraホリスティックアニマルクリニック

まずはお気軽にご相談ください

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagramの社会のアイコン

<LINE 公式アカウント>

© 2019 Sara Holistic Animal Clinic 

魚の与え方:水銀のリスク

まだまだ暑い気候が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

雨が降ると湿度が80-90%になったりしていますが、できるだけ除湿していきましょうネ!


さて、先日ブログ【サプリ談:フィッシュオイルは危ない?】を投稿したところですが、今回は魚の与え方や水銀のリスクについて、もう少し解説していきたいと思います!


魚ってやっぱり必要?

ワンちゃん・猫ちゃんにとって、魚というのはメインの食材にはなりえません。

生物として元々魚をメインに食べていたわけではないため、その点は考慮したほうが良いです。


でも、とくに魚の脂にはEPADHAなどといった健康を促進させる成分が豊富に含まれています。



そのほかに魚を与えることのメリットとしては、こういったことも!

免疫機能を高めてくれる

炎症を抑えるのを助けてくれる

◆血液がサラサラになって、心臓病の進行を抑えてくれる

脳の機能を高めてくれる

腎臓病ガンの進行を抑える

など・・・

メリット盛りだくさんだということを考えると、【適度に】魚を与えることは本当に良いことなのです。


でも、 ''魚ばかり与えると'' 栄養上の問題が出るのも事実・・・(^・エ・^)

このあたり実はあまり気にされていないのですが、とても重要なポイントです。



どんな注意点がある?

例えば、こんなことがあります。


◆生の魚ばかり与えていると、ビタミンBが減ってしてしまう。

◆古い魚・加熱しすぎの魚を与えつづけるとビタミンEが欠乏してしまう。

(※1回与えただけでは問題は起こりません。毎日与え続けた場合の話です)

◆魚を加熱すると脂の質が劣化する(1)。

◆古い魚・加熱しすぎの魚を与え続けると、酸化した脂が炎症がんの引き金になる場合がある(2)。

◆魚ばかり食べていると、水銀などといった重金属を身体に蓄積させるリスクが上がる(ただし、魚の種類にもよる)。

などなど・・


ビタミンBビタミンEが身体のなかで減ってくると、様々な病気になりやすくなります。

またすでに病気をかかえている場合は悪化しやすくなることも。


お魚は '適度に' 食べるのがポイント

魚を明らかに極端に与えつづけるなどといったことでない限り、見た目ですぐにはっきり分かりやすく症状が出るわけではないのですが、''細胞レベルで'' 健康に悪影響を及ぼすのは事実です。


このような身体の変化は長い年月をかけて病気に発展していきます・・




日本人にとっては馴染みのあるお魚ですが、ワンちゃんや猫ちゃんにとって、魚は主食にはなりえないということを覚えておきましょう!

「でも魚メインのペットフードを与えても問題が出ないから大丈夫なのでは?」

と、疑問をもたれた方がいらっしゃるかもしれません。



ペットフードには問題が起こらないように、すでにビタミンBビタミンEが添加されています。だから問題が起こらないのです( ˘⊖˘) 



ラベルへの全成分記載の表示義務はないので、記載がないからといって添加がゼロかというとそこは分からないのが本当のところです。

酸化防止剤も含めて、問題が起こらないようにフードにはさまざまな成分が添加されています。

そういったことなので、手作り食を実践している場合やトッピングしている場合などでは、魚の種類与える頻度を考慮していくことをお勧めしています。


では、実際にはどんな魚をどのくらいの頻度で与えていくのが適切なのでしょうか?

次回、具体的にお伝えします!(U・x・U)



詳細について気になる方は、直接ご相談いただければ色々ともっと細かくお伝えできます!

その他、WEBセミナーへのご参加も検討してみてくださいネ☆

まだまだ色々な使い方ができますヨ~♪

早割の受付が今月26日までです!



9月4日&9月5日に開催するWEBセミナー:ワンちゃん・猫ちゃんのための夏バテ対策ホリスティックケアでは、カラダの熱を取ったりデトックスに役立てられるハーブ薬味についてお話ししていきます!


ご紹介する食材やハーブは基本的にスーパーやネットなどで簡単に手に入るものばかりなので、全然難しくありません^^

(前回セミナーを受講された方は是非おさらいしてみてください。ちなみに、メルマガ会員の方は1,080円(早割)で再受講が可能ですヨ!)



そのほか、個人的なご質問についても盛り込んでお話ししていきますので、お申込みフォームの中にある項目で気になることなどお気軽にご記入くださいネ。

WEBセミナーの詳細・お申込みはコチラです。



【犬猫栄養学の最新情報】【手作り食を作る上でここだけは押さえた方が良いポイント】についても、ちょっとだけ触れる予定です♪


是非参考にしてみてください。

それでは、まだまだ暑い日が続きそうですが、くれぐれもお身体にお気をつけてお過ごしくださいネ!



<参考文献>

(1)浅川具美, 加熱調理による青魚の脂質の変化, 日本調理科学会誌, 1997; 30(3): 97-101. 

(2)Albert BB, Smith DC, et al. Oxidation of marine omega-3 supplements and human health. Biomed Res Int 2013; 2013: 464921.



旧ブログはこちら)


~動物たちが健康的に,毎日笑顔で過ごせますように~

ーホリスティック獣医Saraでしたー



Twitter

Facebook

Instagram



人気ブログランキングに参加しています。↓↓ ポチっと押していただけたら嬉しいです^^